精密機械ができるまでを知ろう

細かい作業が行われる

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

みんなが使っている精密機械ができるまで

工場では、様々な精密機械が依頼され作られています。 どのようなものを作れば良いのか理解するために、必要なのが設計図です。 設計図を見ながら材料を揃え、作る工程をイメージしていきます。 また工場では、精密機械を作って終わりではありません。 洗浄するなど、その先の工程もあります。 続きを読む

作れば良いものを把握

まずはどのようなものを作れば良いのか、設計図を確認します。
もし依頼主が設計図を用意できなかった場合は、工場のスタッフが作成するケースもあります。
そして設計図を見ながら、必要な材料を揃えていきます。
多くの工場では、依頼された精密機械に柔軟に対応できるよう様々なサイズや色の素材を用意しています。
機械をセッティングし、精密機械を作れる状態を作ります。
あとは機械で精密機械を作っていきますが、ここで作業は終わりではありません。
精密機械を作り終えたら部品を洗浄し、必要であれば焼き入れという工程を行います。

今度は、検品が行われます。
間違いが起きないように丁寧に作っていますが、どうしてもミスは起こってしまうものです。
そのまま出荷するわけにはいかないので、この段階で既定を満たしていないものは取り除かれます。
最初は機械を使って検品をしますが、最後は人間の手で検品をします。
機械と人間で2回チェックを行っているので間違った精密機械が出荷されるトラブルを防げます。

チェックが終わったら注文数に合わせて梱包され、全国各地に発送されていきます。
このように流れを説明するだけなら簡単ですが、多くの人の活躍があるおかげで精密機械を日常で使うことが可能になっているのです。
精密機械とは家電や車、さらに医療機器なども含まれます。
精密機械は非常にデリケートで壊れやすいので、梱包や輸送する際も柔らかい布で包んだり、安全運転で運んだりするなど工夫しています。

間違って納品しないように

規定を満たしていない精密機械を納品すると、依頼主に迷惑を掛けてしまいます。 工場の信頼を失うので、きちんと検品をしています。 検品は最初に機械で行い、仕上げに人間の目と手で確認するのが一般的です。 どれだけ丁寧に作っていても、何個かは出荷できないものがあります。

続きを読む

壊れないよう丁寧に運ぶ

時間を掛けてようやく精密機械が完成したら、納品という段階に移ります。 せっかく作った精密機械が、輸送中に壊れたら大変です。 そこで工場では精密機械を丁寧に梱包し、衝撃を与えないよう工夫しています。 納期まで、決められた個数の精密機械を作ることも守っています。

続きを読む