精密機械ができるまでを知ろう

みんなが使っている精密機械ができるまで

材料が豊富に用意されている

有名な工場になると、たくさんの精密機械の製造を依頼されます。
どんな注文でもできるだけ対応するため、材料を豊富に準備しているようです。
設計図を見ながら製造工程を確認しますが、依頼主から設計図が渡されない場合があります。
その時は依頼主と話し合いながら、設計図を作るところから取り組みます。

依頼主の注文に、的確に応えるためには話し合いを重ねることが必要不可欠です。
精密機械を製造する工場と、依頼主との間で意思疎通ができないと、うまく作ることはできません。
製造過程の流れも確認できたら、いよいよ機械をセッティングして製造作業に移ります。
作るものに合わせて設定を微調整しなければいけないので、意外と難しい工程です。

洗浄や焼き入れをする

精密機械が完成しても、すぐ納品するわけではありません。
できたばかりの精密機械は、ハッキリ言って汚い状態です。
綺麗に洗浄し、オイルや余計な不純物を取り除きます。
また洗浄した後に、焼き入れという作業を行うことがあります。
精密機械の種類によって必要性が変わりますが、金属を急激に加熱し、その後で冷却する焼き入れをすることで、精密機械の耐久性を高めることができます。

依頼主からの注文があれば、メッキ加工をします。
このように精密機械が完成しても、まだ仕上げが残っています。
組み立てれば終わりではなく、簡単に作れるものではありません。
工場で働く作業員が時間を掛け、丁寧に作っているおかげで当たり前のように精密機械を使用できています。


この記事をシェアする