精密機械ができるまでを知ろう

間違って納品しないように

優秀な機械を使っている

品質を管理するために欠かせないのが、検品という工程です。
この時に規定を満たしていない精密機械を見つけたら、すみやかに除去します。
そのまま納品すると、依頼主の希望に一致していない精密機械を送ることになります。
それではトラブルに発展しますし、信用を失ってもう依頼してもらえなくなるかもしれません。
リスクを避けるために、精密機械を製造する工場では最新の機械を使って検品を行っています。

自動で規定を満たしているものと、満たしていないものを分けてくれる機械で、それによって人間の負担が従来よりも少なくなります。
最新の機械を使うことで疲れにくくなり仕事の効率が高まります。
工場では、品質の良い精密機械たくさん製造できています。

最後は人間が確かめる

最初は機械で検品をしますが、1回だけでは不安が残ります。
見落としがあったら困るので機械で検品した後に人間が最終的に検品し、クリアできた精密機械だけを納品する工場がほとんどです。
それでも1回目は機械である程度規定を満たしていないものを除去できているので、人間の負担がそれほど大きくなるわけではありません。

正しく検品するコツは、目で見るだけでなく手で触って確かめることです。
実際に触ることで本当に規定を満たしているのかわかります。
手で触るとはいえ判断するのは非常に難しく、工場の中でも何年も働いているベテランが、この業務を担当することが多いようです。
この段階が終わって依頼主に納品されるので、検品業務の責任は大きいと言われます。


この記事をシェアする