精密機械ができるまでを知ろう

壊れないよう丁寧に運ぶ

輸送する際の工夫

乱暴に梱包して運んでいると、輸送中に精密機械が壊れてしまいます。
壊れた状態の精密機械が依頼主に届くと、トラブルが起こるので注意しなければいけません。
そこで精密機械を柔らかい梱包材で包む、ちょうど良い大きさの段ボールを使うなど様々な工夫をしています。
またトラックで輸送する際は、ドライバーが安全運転を心がけることも精密機械を守ることに繋がります。

中には温度が高すぎたり低すぎたりすると、不具合が起こる精密機械も存在します。
そこで使われるのが温度を調整できるトラックを使い、温度を常に一定にする方法です。
日本にはそのように優れた技術がたくさんあるので、製造した精密機械を無事に依頼主のもとに運ぶことができています。

納期に間に合わせる

最初に、この日までに精密機械を作って欲しいと依頼主から納期の提案があります。
あまりにも短い納期では対応できませんが、できるだけ依頼主の希望に応えようと、工場では作業員がみんな集中して業務に取り組んでいます。
工場で働いているのは手先が器用な人や工作をするのが好きな人、さらに集中力を長時間発揮できる人です。

そのため同じ仕事を1日何時間と続けていても、飽きることなく同じスピードで取り組むことができます。
集中しているのでミスが起こることもなく、複雑な仕組みの精密機械でも問題ありません。
納期を守ることも、依頼主からの信頼を失わないために必要なことです。
どこの工場でも、当然のように守ることを意識しています。


この記事をシェアする